2009年11月22日

緋の鳥、当日券あります!

091118_1347~001.jpg少年かしこ「緋の鳥」、本日も当日券が出ます。

19:30の回が狙いめです。

時々「テーマが深すぎて難しい」と言われてしまう少年かしこの舞台ですが…アンケートを読むと今回は演劇初心者の方からもわかりやすいと好評のようです。

おかげさまで漫画「火の鳥」のファンの方々からも高い評価を得ることができました。

思いもよらない、あっと驚くようなストーリー展開に誰もが驚いているようです(笑)。

観ると必ず元気が出る「緋の鳥」下北沢駅すぐ目の前のoffoffシアターにて公演中です。

駅から歩かないので雨にも濡れずに劇場へ行けますよ。

ちょっと「大人」になった少年かしこを観に、よろしかったら下北沢までお気軽に遊びにいらしてくださいませ〜。

あなたを元気にしてさしあげますよ〜。



少年かしこvol.8「緋の鳥」

2009年11月18日(水)〜23日(月・祝)
@下北沢OFF・OFFシアター

■公演詳細はこちら↓■
http://s-kasiko.seesaa.net/
※出演者の顔写真なども見られます!

■チケット特別ご予約フォーム■
http://ticket.corich.jp/apply/17005/


※参考までに出演者のブログです

馬渡 識史Blog「馬が渡る!!!」
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=5271003127

横川まどかBlog「LOVE&LOVE」
http://ameblo.jp/tare543/

伊東大地Blog「伊東大地のD.Days」
http://ameblo.jp/ito-daichi/

土谷春陽Blog「小春びより-春夏秋冬-」
http://ameblo.jp/haru-haruhi/



わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年11月08日

スタジオ・ナランハ 第五回 フラメンコ発表会 CONCIERTO〜2009〜

091108_2057~001~001.jpg何とか時間を作って石岡美紀さんのフラメンコ教室発表会を見てきました。(写真撮りそこねました…)

今年は赤坂BRITZが会場ということでお客さんの数も凄かったです。

少年かしこの舞台にもよく出ていただいている望月紗央里さんが、七曲も踊って汗だくになりながら素敵なダンスを披露しておりました。

特に最後のソロパートが良くて、すっかりプロのフラメンコダンサーさんだなぁと今更ながら関心してしまいました。

こうして仲間の成長を見られるのは幸せなことですね。

私も負けていられません。

「緋の鳥」本番に向けていよいよラストスパートです。

なかなか面白いことになりそうなので、良かったら遊びにいらしてください。

見逃すと損しますよ!


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年09月25日

火天の城

090923_1851~001.jpg完全に期待はずれだったカムイ外伝の悔しさにリベンジすべく、同じく時代劇映画である火天の城を観てきました。

織田信長の天下統一のシンボルとなった空前絶後の大天守閣(安土城)建築に挑む天才宮大工と、その家族や仲間たちをめぐるお話。

暇さえあれば司馬遼太郎さんの小説を読んで戦国時代へタイムトリップしている今の僕には、なんともたまらん設定の映画でした。

戦国版プロジェクトXみたいなものを想像してもらえば間違いないかと思います。

過度なCG演出などは一切なく、西田敏行さんはじめ、大竹しのぶさんや、緒形直人さん、渡辺いっけいさん、夏八木勲さんといった豪華俳優陣の熱演がとても心地よかったです。

そして端役の人たちもなかなか頑張っていました。こういう名も無き俳優さんたちの演技が映画の世界観を形作っているのなだなぁ、と改めて納得。

まあ、若干ミスキャストかな?と思う人たちもいましたが…それはあえて言いますまい。

柱一本立てる話を見て人はこんなにも泣けるのか、と何だか妙なところに感心してしまいました(笑)。

それにしても、自分の利益を捨ててより大きな目標のために命を捧げられる人間が、今の世の中には一体どれくらいいるだろう?

それを考えるとちょっと複雑な気持ちがしました。彼らのひたむきさが羨ましい…

あ、映画の最後に流れる中孝介さんの歌も、映画の内容にピタリとマッチしていてなかなか良かったです。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年09月20日

カムイ外伝

090919_1934~001.jpg監督:崔洋一、脚本:宮藤官九郎、主演:松山ケンイチ…こ、このメンツであのカムイ外伝を!

ということで個人的にかなり期待も大きく、事前に原作コミックのエピソードを予習までしていたのですが…久しぶりにびっくりするほどつまらない映画を観てしまいました。

とりあえず、みなさん演技が下手過ぎ!一体どうしちゃったのか?

第一、忍者モノであのもっさりとした動きはないだろう。

CGでごまかせたつもりなのか?

本来ならば獣のようにカムイを襲い来る追忍たち…が、そのダッシュの遅いこと遅いこと!

特に凄腕くのいちであるはずのヒロイン小雪さんのもっさり加減はひどくて、「遅っ!」と何度もスクリーンに向かって突っ込みを入れてしまったほど。

あの忍者たち相手なら間違いなく俺は勝てる…少なくとも50メートル走なら負けない。

唯一まともに見られるお芝居をしていたのは小林薫さんくらいでしたが、とにかくまわりのキャストさんたちが全滅なので、むしろ逆にキャラが浮いていました。

名優一人でいくら頑張ってもなぁ、あれが限界だろう。

現代っ子丸出しの松ケンに真田広之や千葉真一を期待した俺が馬鹿だったのか…

「影の軍団」とか、もっと本気で忍者な人たちの作品を参考にして欲しかったです。

それにしても日本のスターの人たち、もう少し演技を勉強せなあかんよ。

才能や資質だけでどうにかなるものじゃないんだから。

無名でもいいから本当に演技ができる人たちでやって欲しかった。


…と、カムイへの愛ゆえに散々こきおろしてしまいましたが、劇中の「変移抜刀霞斬り」の表現の仕方はなかなか秀逸だったと思います。

あと、渡り衆の中の踊りが上手い男の人(プロのダンサーさん?)はなかなか良い仕事をしていました。あのシーンはもっと見たかった。

…やっぱり映画は俳優だな、プロの俳優を育てなあかんよ、これは本当にやばやばですよ。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年09月11日

ザ・ダイバー(日本バージョン)

090910_1807~001.jpg昨日、東京芸術劇場へ野田秀樹さんの「ザ・ダイバー」を無理やり観に行ってきました。

そりゃあ野田さんと大竹しのぶさんが久しぶりに一緒にやる舞台ですから、当然チケットはとっくに完売済みでした。

実は当日券狙いで二日並びました。最初の日はキャンセル待ちの列にも並んだのに、あえなく撃沈。

次の日に気合いを入れて二時間半前から並んで、ようやく潜り込めました。

確かに興味はあったけれども、果たしてそこまでして俺は本当にこの舞台を観たかったのだろうか?

と、苦行のような行列の中で意識朦朧となりながらちょっと疑問に思ったりもしましたが…まあ、やっぱり面白かったです。

いいリハビリになりました。

小ホールという狭い空間で野田さんや大竹さんのお芝居を拝めるのは、やはり贅沢な経験かもしれません。

ストーリーは、何だか女流イギリス人作家が書いたミステリ小説みたいで…つまりそんなに複雑じゃないのですが、モチーフになっている源氏物語をあまりよく知らない人には「?」となってしまう点も多いかもしれません。

ただ、観終わった後のこのどうにもならない悲しさはなんだろうか…

ま、そんなお話です。

惜しむらくは大竹さんが美人過ぎたことか。

もっと地味で普通っぽいおばちゃんの女優さんがやってたら、さらに面白かった気がするなぁ。

ていうか、人の舞台を観て関心しておる場合ではない。

そろそろウチも頑張らんと。



わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年08月21日

第十二回「東京大薪能」

090813_1751~001.jpg過日、新宿都庁舎下の都民広場で行われた薪能を観てきました。

入場無料ということもありお盆休みだというのに凄い数の人。

立ち見も出るほどの盛況ぶりでした。

能の演目は「羽衣」「舟弁慶」で間に狂言の「二人袴」。

入門編ということで比較的どれもわかりやすかったですが…それでも退屈して途中で帰ってしまう人がチラホラと。

かつては神のみに捧げられていたモノだからなのか、非常に上から目線な舞台芸術だなというのが率直な感想です。

流行を貪欲に吸収して今なお隆盛を誇っている歌舞伎とは、その点、対極にある気がしました。

でもまあ、何だかんだ言ってもいろいろ勉強にはなってしまいましたが。

…ぼんやり観ているつもりでも、意外と何やら学ぼうとしてしまう自分が憎い。

俺、やっぱり芝居が好きなのかもしれないな。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 14:13 | Comment(5) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年07月06日

イン熱海

090704_1624~001.jpg一昨日、自分の誕生日だったので壇れい似の彼女と一緒に熱海へ一泊旅行に行って来ました。

本当は別の温泉でも良かったのですが、とにかく海が見たいのと、温泉につかりたいのとで、東京から便利な熱海へ。

午前中に一旦郷里の焼津へ戻って地元の神社にお参りしてから向かったのですが、梅雨なのに天候にも恵まれて、宿へ向かい海沿いの道を歩いているだけでも心が洗われるような気がしました。

小さな宿でしたが、露天風呂で汗を流し、新鮮なお刺し身を食べ、窓から海を眺めつつビールを飲んでいると何とも贅沢な気分に…

翌日は時間の許す限り二人でサンビーチを散策しました。久しぶりの砂と波の感触が素足に気持ち良かったです。

…さて、これで休暇は終わり。今日からはまた排ガスだらけの灰色の街で戦いの日々だ。

頑張らにゃ。

ちなみに熱海の良さは何と言うか、若くもないし美人でもないけど、何となく情の深い熟女のような優しさを感じさせるところでしょうか(笑)?

今時の若者にはおすすめしませんが、疲れた大人たちにはいい所だと思います。


※すみません、一つだけ明らかに嘘をつきました…



わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年07月03日

ほしのふるよる

090702_2122~001.jpgいつもお世話になっているシアターギャンクスターズさんのお芝居を観てきました。

おでんよりもカレーの美味いおでん屋台に集まる人たちの、ほのぼのとしたコメディ(?)でした。

こういうお話はネタにしやすい分、面白くするのが難しい気もするのですが、なかなか温かくて素敵な空気を作り出していました。

昨年、かしこの公演に出てくれた望月紗央里さん、清水克也さん、北本哲也君も熱演しています。

中野MOMOにて7月5日まで。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年06月30日

ターミネーター4

090630_2010~001.jpg以前に3を観て、こりゃもうダメだとガッカリしてましたが、予告が面白そうだったので、新作も観てしまいました。

期待を裏切らぬターミネーター祭!つまり、いろんな機種がいっぱい。

まあ…シリーズのファンならそれなりに楽しめるのではないでしょうか。

でも下馬評通り、自己のアイデンティティに苦しむターミネーター役のサム・ワーシントンという俳優さんがとても良かったです。

強い眼差しがグー。やはり俳優は目力だな…

ちなみに例のあの人もハリウッドマジックでちょこっとだけ復活してますよ。



わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年06月26日

レスラー

090623_2054~001.jpgノアの三沢光晴さんがリング上で亡くなったのがきっかけで、という訳じゃないですが、映画レスラーを観てきました。

予想通りのお話でした。

しかし、しかし…とんでもなく号泣!

多少なりと人生を知っている大人の男なら、観たらきっと確実に泣き崩れてしまいます。

事実、最初は甘く見ていたであろう他の観客のオジサンたちも次々と陥落していった模様(笑)。

やがてあちらこちらでむせび泣くお父さんたちの声が。

この映画、もしかすると私の一番好きな映画になるかもしれません。

ミッキー・ロークという俳優はこの映画のために生まれてきた、そう言ってしまっても大袈裟でない気がします。

彼の栄光と挫折には大きな意味があった…猫パンチ万歳!

僕のように、生きる意味をすっかり見失ってしまった今のあなたにぜひ観て欲しい映画です。

あ、ダメだ、思い出したらまた泣けてきた。

もう一度、観に行きます。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年06月25日

スター・トレック

090606_1818~001.jpgご存じ、往年の傑作SFドラマの映画化です。

あの伝説の男カークの青春時代を描いたお話ということでかなり期待していたのですが…ダメ。

オリジナル版のミスタースポックことレナード・ニモイの意外な活躍ぶりを見られたこと意外に、これと言って魅力はありません。

これならスター・トレックのパロディ映画ギャラクシー☆クエストの方が断然面白いです。

お金かければいいってものではないよ、プンプン。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年06月24日

村井一貴展

090624_1716~001.jpg知人の芸術家・村井一貴さんの個展へ行ってきました。

宇宙や深海を思わせる作品群でしたが、中でもマンガ・寄生獣に出てくるミギーみたいな小さめのオブジェが私は何とも可愛かったです。

舞台や演劇以外の芸術に触れることも大事だな、と痛感しました。

都市で生きていると人間の感性はどんどん鈍化していきます。

だってそうしなければ生きて行けませんから。

でもだからこそ、たまに他の人の感性に触れて自分の感性を呼びさますことが、きっと重要なのだと思います。

だからあなたも少年かしこの舞台を観においでよ…というところへ繋がる訳ですが(笑)


「村井一貴展」
6/22(月)〜27(土)
11:30〜19:00
最終日18:00迄

銀座一丁目・藍画廊にて。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

NINAGAWA十二夜

090622_1120~001.jpg新橋演舞場へ蜷川幸雄さん演出の歌舞伎・十二夜を観てきました。

今年3月のロンドン公演を成功させての本邦凱旋公演。

同名のシェイスクピア演劇を歌舞伎に置き換えた作品で、生き別れになった双子の兄妹を演じる尾上菊之助さんの衣装の早替えや、全編に鏡を使った大胆な演出などが見所です。

が…個人的にはとにかくもう市川亀治郎さん演じるお茶目な腰元・麻阿(まあ)に夢中でした。

素顔はむしろ男臭い役者さんなのに、この人の女形はやることなすこと全部がチャーミングです。

久しぶりに「ああ、この人ずっと見てたいな」という気持ちになりました。

大河ドラマの時はいまいちピンと来なかったですが、この作品のおかげですっかりファンに。

いやはや眼福でござった。

ちなみにこのお話は分かりやすいので、イヤホンガイドは不要でした。

借りると「もっとコメントしてよ!」と後悔するくらいの控え目な解説です。

そこがちょっと残念であった…



わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年05月01日

グラン・トリノ

090430_2237~001.jpgクリント・イーストウッド監督のグラン・トリノという映画を観てきました。

監督としてのイーストウッドしか知らない若い世代の人から見たら少し退屈な映画かもしれませんが、マカロニウェスタンで無敵のガンマンだった頃やダーティ・ハリーとしてブイブイ言わせてた頃の俳優イーストウッドが大好きな人間には、何とも感慨深い映画でした。

頑固で孤独な老人と、その隣に越してきた無器用な移民の少年との心の交流が丁寧に描かれています。

ハリー・キャラハンの老後はもしかしてこんな感じだったのかもしれない…何となくそう思わせるエンディングが良かったです。

他の俳優がやってもきっと説得力はないだろうなぁ…つまりはそんな映画です。


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

2009年04月28日

風太郎狂い

090427_2104~001.jpg最近、なぜだか時代小説に目がありません。隆慶一郎さんや山田風太郎さんがお気に入りですが、特に山田風太郎さんの忍法帖シリーズは狂ったように読みあさっています。

元々好きだった伝奇小説の巨匠・菊池秀行さんが「自分の小説家としての師匠は山田風太郎だ」と公言しているのを知って、それから興味を持ちましたが、実は今までちゃんと読んだことのあるのは、映画で有名な「魔界転生」くらい。

それが最近、ヤングマガジンの風太郎原作コミック「バジリスク」や「Y十M」を読んでいるうちに火がついて、いつの間にやらドップリと…

それを忍法と呼んでいいのか?と疑問に思うような荒唐無稽な技の数々が次から次へと繰り出され、何やらドラえもんの不思議道具のようでもあり、なかなかに笑わせてくれます(笑)。

エロ描写も多めなのが独身男子にはありがたい。

いつか舞台でも忍者モノをやってみたいなぁ、まあ、ウチ向きの内容ではないですが(笑)

しかし風太郎小説の忍者はなぜだか手裏剣を全く投げないなぁ。その代わりにマキビシといういまいち地味な飛び道具がガンガン登場…なぜに?


わしみざわ

☆ブログ、更新中☆
『週間少年かしこ!!』
http://s-kasiko.seesaa.net/
posted by 少年かしこ at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇わしみざわ よしつぐ の小言

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。